BL小説100本ノック | Chaos and Cuttlefish

Chaos and Cuttlefishというサイトのいちコンテンツです。
BL小説をひたすらレビューしています。気に入った作品だけ書くスタイルなので更新遅め。
比較的古い小説が多い。

タイトル
玩具~JoyToy~
作者
水戸泉
イラスト
相葉キョウコ
出版社
白泉社 花丸文庫BLACK
出版日
2013-08-21

BL小説ってこれくらい自由であって欲しいなあと思います。こういう間口の広さがあってよい。

これも昔電子で買ったものの読み返しでした。
内容忘れてたなー。面白かった。
みんな病んでていわゆるハッピーエンドではなくて、読者としても絡め取られるような。やっぱblackは面白いものが多いと思います。
プラチナ文庫が消えてしまって、間口がひとつ狭まってしまったかなと思うと寂しく思います。
レーベルが消えるほどなら、どの出版社もそれだけ冒険を避けるようになるのかな、と思うので。
とんがった面白さを書かせて貰える作家が減るかなと。BL小説というジャンルは、尖った芸風でファンがついている作家以外はあまり冒険できないジャンルになってしまったかなと危惧したりしています。

玩具はいろんな人達が入り乱れたエロスの話で、それぞれの視点から描かれる物語はさながら群像劇というか。
私は隠語をいっぱい言うエロが好きなので、この話は黒丸いっぱいの伏せ字で良かった。
水戸さんのエロは間違いがない。
これくらいエロに特化してると安心して楽しめますね。

なんか久しぶりにBL小説を読んだ気がする。
確認したら1か月ぶりくらいでした。
なぜなら十二国記の新刊が発売されるので、十二国記の読み返しが忙しいからです。
なのでまあ、しばらくこんなペースかな。電子はお昼ご飯を食べながら読んでいます。行儀悪い。なんか読みながらご飯食べるのがくせなんだよね。朝ご飯も新聞読みながら食べるし。

相葉さんのイラストが綺麗です。


このエントリーをはてなブックマークに追加

タイトル
娼婦サギリ
作者
西野花
イラスト
タカツキノボル
出版社
大誠社 リリ文庫
出版日
2013-05-20

と、いつものごとく電子書籍で購入したのを読み返し。
挿絵はタカツキノボルさんなんだけど、これも中のイラストがないんだよなー。
タカツキさんというとビビットカラーなボブゲ民なんだけど、ビビットカラーは死亡宣言もしないまま息絶えましたね。
ドメインもいつの間にか売りに出されていて、ボブゲの縮小を感じてなかなかさみしい。
スプレーさんとこも公式サイトが2016年で止まってますやんけ。いちおう、スマホブラウザ版とか、最近でも動きは色々あるみたいだけど、サイト更新する人がいないんですかね。新しいゲームを作っているという話も聞こえてこないし。
今ほとんどプレイしてない人が言うなという話ですが。

タカツキさんの話からボブゲに話が逸れました。
「娼婦サギリ」。
やっぱり西野さんは分かりやすいエロと分かりやすい物語で読みやすい。
エロが主体なんだけど、このエピソードで恋に落ちて……というのがきちんと過不足なく入っているので、読んでいてストレスがないんですよ。
サギリが淫乱な娼婦あがりなのにも理由があって、トリスタンがサギリを攫った理由もきちんと明かされ、そんでもってトリスタンがサギリを追いかける理由もきちんとあって。
こんだけエロを描きながら、触手まで活躍させながら、物語として面白いので西野さんはやっぱり好きです。
こういうBLらしいBLって頭空っぽで楽しめるのでよい。
引っかかる部分があると頭空っぽになれないので、するする読めて疑問が浮かばないようになっている西野さんは上手いなあといつも思う。文章も読みやすいしエロもすごくエロいし。

最初の話にちょっとかぶりますが、このリリ文庫もどうやらお亡くなりになっているっぽいですね。
同じ時期に、乙女のほうのプリエール文庫も同じ時期から止まっているようです。
漫画のレーベルは動いてますが。
小説が売れない時代なんだなと考えさせられます。
歴史が長いかのプラチナ文庫も休刊すると発表がありました。
好きだったレーベルなだけに残念です。
私は文字によるBLやエロというのがすごく好きで、読むのも漫画より小説がメインなんですよ。(漫画はほとんど読まない)
ボブゲも、イラストはありますが物語を進めるのは文章です。
ボブゲに関してはPCを持たない世代が増えているというのも原因にあるでしょうが、文字によるBL表現が縮小してしまうのは寂しいことです。
出版社も守りの姿勢に入りつつ、新しい風を吹かせようとエブリスタとコラボしてみたりと、少しは取り組みをしていたようですが、結果として、ひとつのレーベルが終わってしまう。
そんな私も今やBL小説の新刊はほとんど買っていませんでした。
失敗したくない、というのが読者、出版社のどちらにも共通した気持ちだったように思います。
私の場合も、何作か冒険してみて失敗続きだったときから、ベテラン作家ばかり買うようになっていましたし。
あとここ最近ずっと調子が悪くてなかなか新しい話を読めずにいました。昔買ったものを読み返すことが多く、また、新しい作品といっても、大好きな作家である剛先生は亡くなってしまったので、中古で追いかける日々でした。
単純に読者が減ったからレーベルがなくなってしまう。その原因のひとつに自分がいるように感じてなりません。好きなジャンルを支える方法は、買い支えることだよな、と。とはいってもこれからは金銭的余裕がなくなる予定なので、あまり支えられそうにありません。
と、サギリの話からはかなり外れたところで締めたいと思います。

娼婦サギリ (リリ文庫)
西野 花
大誠社
2013-05-20

このエントリーをはてなブックマークに追加

タイトル
時のない男 顔のない男(3)
作者
剛しいら
イラスト
北畠あけ乃
出版社
徳間書店 キャラ文庫
出版日
2005-09-30

1巻から3巻まで一気読みでしたー。面白かった。
病院の待ち時間が長くて、3巻はその間に一気に読み終わってしまい手持ち無沙汰になったわよ。
愛のない男と時のない男の二本立ての3巻。
愛のない男は雑誌掲載らしいお話というか、可愛い話で好き!
つかみ所のないところもある飛滝さんだけど、ちゃんと苦手なものや怖いものがあるという、人間らしい部分も見えてきて、そこが愛しい。
それでもちゃんと犬ころの世話をしてくれる飛滝さんは優しいのだった。
日常にフォーカスされつつも、音彦が自分と飛滝さんの仕事を比べて悩んだり、よくまとまったお話で面白かった。

対する時のない男は飛滝さんのお仕事面が良く出たお話。
馬で現場にやってくる徹底ぶり!
今後は海外での仕事も増えていくんだろうなと思わせる1作。
飛滝さんはともに仕事をした人に執着されまくりで、天才俳優ならではの大変さで苦労してきたんだろうなあ。そしてこれからも。
もっとこの二人のお話が読みたかったな。
最後に、音彦と一緒に温泉旅行に行こうという覚悟を飛滝さんが決めたのがとくに好きなシーンです。

北畠さんのイラストはデジタル移行したばかりのころなのかな。このあたりのイラストレーターさんや漫画家さんはみんなそんな感じだけど、デジタル彩色を試行錯誤している感じ。まあ今よりソフト面が違うしね。


このエントリーをはてなブックマークに追加

タイトル
見知らぬ男 顔のない男(2)
作者
剛しいら
イラスト
北畠あけ乃
出版社
徳間書店 キャラ文庫
出版日
2004-03-31

そういや1巻の感想で書き忘れたけど、前髪の惣三郎が当たり役だった俳優といわれると、現実世界ではあの方を思い出しますなー。
2巻目も面白かった。
じょじょにじょじょに飛滝さんにも変化が出てきたかな。
恋愛に関しては雛みたいな人だなー。
役者として生きなければならない人生だったから、自分の人生の歩みかたが分かっていなくて。
そこに表れた、はじめて自分自身がそばにいてほしいと願う人が音彦なんだろうな、と。
だから愛しかたは不器用で、何でも願いを叶えてあげたくて、あげるだけの財力もあって。

役が憑依してしまう人だから途中はどうなることかと思ったけど、真っ直ぐな音彦なのできっと大丈夫という安心感があって読めた。
どんなことがあっても、どんな邪魔があってもこのふたりは離れられないんだよー桐生!
飛滝のそばにいるのが音彦でよかったなあ。
致しているときに電気つけない理由には笑ってしまった。そういうこと!? 可愛いところもある飛滝さんです。


このエントリーをはてなブックマークに追加

タイトル
顔のない男
作者
剛しいら
イラスト
北畠あけ乃
出版社
徳間書店 キャラ文庫
出版日
2003-07-31

何気にキャラ文庫のレビューは初では?? キャラさんは好きなんですが単純にタイミングの問題か。
やっぱキャラさんの装丁が一番読みやすいですよ。BL小説ってなんでか1P目が左ページから始まらず右からの場合があってな。あれ結構苦手なんですよ。
文字の組み方もフォントもキャラさんところが一番読みやすいかなと思うですよ。
徳間書店なんでBLだけじゃなく徳間文庫も抱えてるからかな。と思って手元にある数年前の徳間文庫と比べてみましたら、数年前の徳間文庫のほうが字がデカいですね。徳間の中でもキャラクター文庫的な小説だからだろうか。試しにやっぱり数年前のキャラも取り出してみましたが、この「顔のない男」と文字の大きさは変わっていないようです。
そんな感じで文字の大きさが違うので余白の取り方もちょっと違うんですが、わりと読みやすさは似ているのでその辺同じ出版社だなと思うです。

夏の夜長に一気読み。休みだからできる所業だけど休みじゃなくてもやってしまって次の日死んでしまうこと多々。
やっぱり剛さんは面白いですよ。
シリーズものって面白いから続けられるんで、3巻シリーズって時点で面白いはずだよ。あと私は付き合ってからの話が好きなので、シリーズものは良い。

顔のない男。
天才俳優飛滝は本心が見えないんだけど、それはずっと演じ続けた人生故で、自分自身でも分かってないんじゃないかなと思ったり。
そんな仲で真っ直ぐぶつかって追いかけてくれる音彦だからこそ、愛に発展した。
飛滝もちゃんと音彦が好きなんだろうけど、いまいち分かりづらいのをきちんと汲んで、それで追いかける音彦で良かったなあと、お似合いのCPだなあと思いますよ。
剛さんの書く甘やかしてくれる大人×ちょっとやんちゃだけど純粋まっすぐな青年と少年の間みたいなCPが好きなので、この話もそういう流れかと思ったらまたひと味違いました。
そして何書かせても面白い。色あせない。
今後の展開も楽しみ。

顔のない男 (キャラ文庫)
剛 しいら
徳間書店
2003-07

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ